Koihana

          ●KoihanaHanadanshi

     
男性が女性に贈るためだけに創られた、KoihanaHanadanshi。

女性クリエイターばかりで監修した、『女性による、女性がほしがる、女性のための』フラワーボックスです。

花をジュエリーのように大切に箱に入れたことで、花を持って歩くのが恥ずかしい男性も、
照れずに花贈り!バッグに入れても持ち歩け、花瓶がなくてもそのまま飾ることができるので、
贈られた女性も安心です。箱の中のお花は、開けてからのお楽しみ。
顔を近づけてお花の香りを嗅ぐとき、彼女は最高の笑顔をみせてくれるはず。




          名古屋ウィメンズマラソンにて紹介されました


愛知県では、スポーツ大会を地域活性化につなげる取組として、「マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知(名古屋ウィメンズマラソン&名古屋シティマラソン)」と同時にナゴヤドームで開催される「マラソンEXPO」において、花で彩ったブースの出展や、花男子のパフォーマンスなど、日本一の生産を誇る「愛知の花」のPRを行ないます。

その一環として、頑張った選手へ「おつかれさま」、応援してくれた恋人や家族へ「ありがとう」の気持ちをこめて「愛知の花」を贈っていただけるよう、KoihanaHanadanshiの販売を企画しました。



          お花を贈られた方へ


■水やりの方法

こぼれないように、お花にとって必要最小限のお水でご用意しています。
飾る前に、お花の足下(セロファンの内側)にお水を足してあげてください。

ピンクの蓋は、下蓋とかさねて飾っていただけます。


          KoihanaHanadanshiギフト


KoihanaHanadanshi
価格: ¥3,000 (税込)


数量:
在庫: 在庫あり


返品についての詳細はこちら


商品名 : KoihanaHanadanshi
商品番号 : No901
サイズ : 直径8cm・高さ10cm
生産地 : 愛知県
その他 : マムの花を使ったKoihanaHanadanshiをお届けします。

送料無料

■お届けに関するご注意
お届け可能日   注文日より7日後からのお届けが可能です。


          プロジェクトメンバー


山野みほ
(フラワーコーディネート)
   奥山美奈子
(フラワーコーディネート)
1980年生。洋服が大好きで、服飾専門学校在学中には、配色やデザイン・素材合わせなどファッションの世界に没頭し感性に磨きをかける。 卒業後は、オーダーメイドのブライダル装飾を中心に活動。服飾でつちかった感性をフラワーデザインで多分に発揮しながら、お客様と共に 創り上げる楽しさに触れるとともに、花でお客様に喜びを与えられるこの世界に魅了される。その後、都内百貨店のフラワーショップ店長を経て、 現在はフローリストを養成するフローレンスカレッジの常勤講師として勤務。 プロフローリストの育成の他、企業研修・店舗ディスプレイの装飾提案を行なうなど、 花業界の一層の活性にむけ尽力している。
神戸出身。好きな色はグリーン。

>> フローレンスカレッジ
     1984年生。学生時代は建築デザインを学ぶ。インテリア好き、暮らし好きから興味はお庭へ広がり、 卒業後は造園会社にて有機野菜やハーブを育て、みどりと暮らすライフスタイルの提案、植物の魅力を生かしたイベント運営に携わる。 お客様にご提案する一方で、自身も植物や自然の魅力に大いに引き込まれる。 その後、都内フラワーショップ勤務を経て、フローレンスに。神奈川出身。好きな花はパンジー。




>> フローレンスカレッジ
 
今川綾子
(ボックスデザイン)
   剣持まゆ
(ロゴデザイン)
1978年生。20代で名古屋高島屋 Kate spade の店長を任され、売上を全国1位まで引き上げる。 のち、スーパーバイザーとして店舗数を5店舗まで拡大し、kate spade ブランドを中部圏に定着させる。 2009年に発病し、休職.闘病生活中に、治療方法を模索する中で、有機野菜や玄米を食べるマクロビと出会う。 「食の大切さを多くの人に伝えたい」という想いから、翌年に離職を決意。家業の果樹園を手伝う傍ら、 有機野菜の栽培を始め、地元で「豊川有機野菜の会」を立ち上げ、広報活動や販売促進に活躍している。 Kate spade を退職した今も、やっぱりファッションは大好き。ファッションと農業の融合で、 農業に対する若者のイメージを変えていくことも目標のひとつ!    コラージュを得意とするデザイナー。店舗のオープニングデザイン・ポスター・フライヤー・ペーパーアイテムのデザインにとどまらず、 フラワーアレンジメントからフードコーディネートまで。手がけられるデザインは幅広い。持ち前の感性の高さが評価され、予約は1年先まで。 パーソナルスタイリストとして、女性の魅力を引き出しながら、流行のエッセンスを取り入れた身近で心がわくわくするスタイリングの提案も行なうなど、 精力的に活動中。

>> GRACES JAPAN,INC.;  デザイン事業部mechant modele
 
■Special thanks
藤井和子様( フローレンスカレッジ校長)
若林様( 豊明物流株式会社※花き流通・加工)
宮田靖子様( ナチュラルハーモニー※アロマセラピー&リラクゼーション
大野智恵美様( ジャパンフレグランス ※オーダーメイドフレグランス)
東京リボン様

■リーダー
太田春菜(花男子プロジェクト事務局)

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

運営団体より

こんにちは。花男子プロジェクト事務局です。

このサイトは「男性から大切な女性へ、花を贈る感動を伝えていきたい。」という思いから立ち上がりました。

「お花なんて、照れくさい。」とか「お花なんて、欲しいって言われたことないよ。」なんて、男性のさまざまなお声もお聞きするんですが、何でもない時に贈られるお花ほど、女性にとってサプライズで嬉しいものってないんですよ。

ママが笑顔の家庭は、子供も笑顔だ。
女性が笑顔だと、周りはいつも幸せに満たされている。

まだまだ作りかけのサイト。様々な花贈りの情報を、ここから発信していけるように準備していきますね。まずは、いろんな場所をクリックしていただいて、いろんな花贈りのシーンをお楽しみください。

ページトップへ